通販に違法性はないのか|通販サイトでアフターピルを前もって購入しておこう

通販サイトでアフターピルを前もって購入しておこう

薬を服用する前の状態

通販に違法性はないのか

アフターピルに限らず、現在はあらゆる医薬品をネット上で簡単に購入できるようになっています。
これは個人輸入代行という通販サービスのおかげなのですが、なぜネット上で医薬品を購入しても問題ないのでしょうか。

日本で販売されている医薬品の中には、「処方箋医薬品」と呼ばれるモノがあります。
これは購入時に必ず医師が出した処方箋を必要とする医薬品のことで、処方箋を持っていなければ購入できません。
個人輸入代行では処方箋医薬品も数多く販売されているのですが、注文時に処方箋が発行されるというわけではありません。
そのため、違法なサービスだと勘違いする人も多いのですが、個人輸入代行に違法性はないので安心してください。

購入に処方箋が必要だというのはあくまでも日本のルールであり、海外では適用されていないルールです。
現にアメリカでは市販でアフターピルが平然と販売されています。
そのため、海外へ行けば、市販のアフターピルを購入しても許されるのです。
ただ、アフターピルを購入するためだけにアメリカへ行くことはまずないでしょう。
そこで、個人輸入代行を使って、海外から医薬品を取り寄せるのです。
海外では処方箋不要で購入できるため、これなら注文しても日本のルールが適用されず、問題とならないのです。

また、海外ではジェネリックの販売も多くおこなわれているので、個人輸入代行を使えば安いジェネリックの購入も可能です。
ぜひみなさんの病気や症状に合った医薬品を探して注文してみてください。