なぜそんなに安い?|通販サイトでアフターピルを前もって購入しておこう

通販サイトでアフターピルを前もって購入しておこう

様々な治療薬

なぜそんなに安い?

ジェネリック医薬品であれば、元のお薬と同じ効能を安価で利用することが出来ます。ジェネリック医薬品というものをよく聞くようになってから当たり前に思っているこの常識。しかし、それはなぜなのでしょうか?
それは製造過程に秘密があります。

ジェネリック医薬品は後発医薬品と言われており、それに対して新薬は先発医薬品と言われています。
まず新たにお薬を作るという場合には、とんでもない時間と金額が必要になるのですが、おそらくその規模は想像を超えているのではないでしょうか。
植物や動物などから抽出される天然素材や化学合成、バイオテクノロジーといった方法でお薬の候補となる化合物を作って、その可能性を調べるという「基礎研究」というのがあります。
こういった下地で2~3年かかると言います。
次に、お薬になり得る新しい物質を動物などに使いお薬としての効果や毒となる部分を見極める「非臨床試験」を行います。これが3~5年かかると言います。
非臨床試験をクリアしたお薬は、実際に人体に効くのかを調べる「臨床試験」に入ります。3段階にわけてじっくりと3~7年かけて行います。
有効性・安全性・品質が証明されたなら、厚生労働省に対して許可を得るために申請をします。ここでもじっくりと安全性などを試験されるので1~2年かかってしまいます。
トータルで9~17年という年月がかかるのです。そしてその際の金額はなんと500億とも言われています。

しかし、ジェネリック医薬品は後発医薬品。もととなるベースが出来てしまっているので、同じように費用や時間を掛ける必要はありません。
この差がジェネリック医薬品が安価に発売出来る理由となのです。